藍色しましま

ひきこもりが緩く喋ってるよ。ふふってなるといいね

ゲーム実況者さんの退職話、続きの続き

今回は昨日の話の続きだよ

バレンタインデーに社長夫人が登場したところまでだったね。

 

ところで、ネットに退職話の経緯が途中までまとめられてるのを知ったから、今ざっと確認してきたよ。

なんとなくそうかな~、とは思っていたが「上司=社長」だった。

この部分を聞き逃していたけど、はっきりしてよかった(・∀・)

 

ということはさ、一番初めに退職の意を表明した相手は社長だったわけだ。

それなのに、話は流そうとするしキレるしで、求人募集もしない。

もう~、社長ってば☆彡

 

ということで、続き!

 

 

バレンタインデーの翌日、2月15日

出社した実況者さんの目に映るのは、社長とその夫人。

バレンタインデー終わったのに、社長夫人がまたいたんだって。

もっとお菓子くれるのかな?

 

まずは様子見程度の軽い会話から。

「お菓子美味しかったですか?」

「美味しかったです」

だがこの時点で、いちご大福はまだ会社の冷蔵庫に手つかずで残っていたそうな。

バレたら気まずい展開だね!(゚∀゚)

 

そして展開はいちご大福を無視しておかしな方向へ進む。

和菓子だけに、おかしな方向へ。

 

社長夫人は丁寧な物腰で

「(実況者さんの退職について)ご家族にご相談させてください」

って言ってきたんだってさ。

え、家族!?

なんで?!( ゚д゚)

 

えー、と。

実況者さんはとっくに成人しています。

ご本人曰く「オッサン」です。

おっさんとはいっても30前らしいけど、まぁでも成人はしてるね。

そういう人に向かって、退職の件で親と話をさせろと。

不思議な展開になってまいりました!

 

 

「え、それは…」と思うも

言い争いしても無駄だと感じた実況者さん。

スマホでお母様に連絡。

突然連絡されたお母様も

「( ゚д゚)??」

こんな感じだったらしい。

そりゃぁね。

 

そして半ば強引にスマホは実況者さんの手から奪われる。

社長夫人の元へ!

そう、社長ではなくその夫人の手に。

社長夫人はね、別にその会社で働いてるわけじゃないんだって。

部外者なんだってさ。

そして実況者さんのお母様も、直接の会社関係者ではない。

2人とも、どちらかといえば部外者。

部外者2人によって、何故か実況者さんの退職が相談される謎の事態!

せめて社長じゃないのかね、話すなら。

 

 

この不思議な事態を

「部外者同士が自分の退職について話すのか」

と冷静に観察している実況者さん。

そんな実況者さんに社長から一声。

「席外してくれんか?」

 

Σ(゚∀゚;)?!

何を言うつもりだよ、ってなるよね!

だからさすがにそこは

「僕がいたらまずいんですか?」

と返して居残ったそうですが。

社長夫婦、恐ろしいな!

 

 

電話の内容はというと

「実況者さんも混乱してらっしゃったようで。(引き止めという方向では)うまく話がまとまらなかったんです」

「実況者さんの将来にも関わることですので、もしご迷惑でなければ今度ご一緒にお話させて頂けませんか」

こんなことを話してたらしい。

今度ご一緒にお話、って、三者面談かな?

進路相談みたいになってるね。

進路といえば進路ではあるが。

 

このわけのわからん状況を見守るしかできない実況者さんの状態よ。

とりあえずお母様にはそのあと電話して、取り合わなくていい旨を伝えておいたそうですよ(゚∀゚)

 

社長夫人、強敵だね!

 

 

いちご大福の行方

この時点でまだ冷蔵庫にあったいちご大福。

これ結局どうなったかって言うとね。

社長夫人が帰る際、社長が一緒に外に出て送っている時に

「手つかずのいちご大福がバレたら気まずい」

って焦った実況者さんが

「これ食べてください!」

と他の社員さん達に必死で配りまくったそうな。

そして気が付いたら、自分の分まであげてしまったらしい。

結局食べてないー!(゚∀゚)

美味しそうだったらしいよ(・∀・)

また美味しそうなものをもらえるといいね!